• torisetsu-maker

期待されるマニュアルとは?①

更新日:2020年5月29日


運用マニュアル


代表的な例題にそって操作説明が詳しく説明され、その他の操作のバリエーションは簡単に要点を紹介することで、ユーザーが操作の基本を習得でき応用して運用することが期待できます。


リファレンスは、目次の代わりに「やりたいこと」から「利用する機能」に導くフローチャートにすることで、どの工程で何の機能を使用/設定すればよいかを段階的に理解することができます。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

PL対策の観点 製造者はユーザーに製品を提供するにあたり、 誤った使用を回避する情報を提示する必要があります。 製造者が「設計上取り除けないリスク」を示し、ユーザーは「製品のリスク(特性)」を理解することで、誤使用を未然に回避し安全に使用することができます。 反面、製造者がリスクを示さないことで発生した事故に対し、日本国内法(消費者基本法、消費者安全法、製造物責任法など)により、製造者の責任を問わ

マニュアルを使用する「ユーザーと環境」を考える 「製品/サービス」のマニュアルを制作する上で、ターゲットにする「ユーザー」とマニュアルを使用する「環境」を考慮して、以下の要素を考慮したマニュアルを「プランニング」する必要があります。 「いつ」 「どこで」 「だれが」 「なにを」 「どのように」 たとえば、「一般家庭用 食器洗い乾燥機 設置マニュアル」の場合・・・ いつ:食器乾燥機の設置時 どこで: