• torisetsu-maker

期待されるマニュアルとは?②

更新日:2020年5月29日


マニュアルを使用する「ユーザーと環境」を考える


「製品/サービス」のマニュアルを制作する上で、ターゲットにする「ユーザー」とマニュアルを使用する「環境」を考慮して、以下の要素を考慮したマニュアルを「プランニング」する必要があります。


  1. 「いつ」

  2. 「どこで」

  3. 「だれが」

  4. 「なにを」

  5. 「どのように」


たとえば、「一般家庭用 食器洗い乾燥機 設置マニュアル」の場合・・・


  • いつ:食器乾燥機の設置

  • どこで:一般家庭の流し場付近

  • だれが:指定工事業者

  • なにを:設置方法や潜在する脅威(漏電、火災、水漏れ など)、特定保守製品であることの記載

  • どのように:「設置前の注意→設置手順→試運転→引き渡し」の構成、設置工程の脅威(危険/警告/注意)を喚起


上記の各項目を満たすマニュアルが必要になります。


マニュアルには、

段階的に設置することで安全に工事が完了する流れ(全体の構成)、誤って認識しないように理解できる文章(一文一意)、手順の文書をイメージしやすくするための図(テクニカルイラスト)を挿入することで、設置時の「脅威を回避」し、「一定品質」の施工完了を期待できるマニュアル(しかけ)を制作することができます。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

PL対策の観点 製造者はユーザーに製品を提供するにあたり、 誤った使用を回避する情報を提示する必要があります。 製造者が「設計上取り除けないリスク」を示し、ユーザーは「製品のリスク(特性)」を理解することで、誤使用を未然に回避し安全に使用することができます。 反面、製造者がリスクを示さないことで発生した事故に対し、日本国内法(消費者基本法、消費者安全法、製造物責任法など)により、製造者の責任を問わ

運用マニュアル 代表的な例題にそって操作説明が詳しく説明され、その他の操作のバリエーションは簡単に要点を紹介することで、ユーザーが操作の基本を習得でき応用して運用することが期待できます。 リファレンスは、目次の代わりに「やりたいこと」から「利用する機能」に導くフローチャートにすることで、どの工程で何の機能を使用/設定すればよいかを段階的に理解することができます。